「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

奈良県宗教人の会

syukyoji.exblog.jp

事務局会議開き総会日程決める

 奈良宗教人の会は1月7日午後事務局会議を開催して、定期総会の日程などを決めました。
 その前提として、一連の一定地方選挙で、日本共産党の躍進めざして、宗教人として奮闘することを確認。総会を、奈良市内で、5月13日(金)午後2時から開くことを決めました。
[PR]
# by n-syukyojin | 2011-01-09 07:29

大阪で全国宗教人の会が拡大世話人会(2010/09/28)

国民との結び付き強化へー山下議員報告

7月の参院選結果をふまえ、今後の活動について語り合おうと28日、「全国宗教人・日本共産党を支持する会」が大阪市内で拡大を開き40人が参加しました。

党常任幹部会委員の山下芳生参院議員が、党第2回中央委員会総会内容を報告しました。

 あいさつした同会代表世話人の平山武秀・日本キリスト教団牧師「側面から支援する後援会の役割が重要」だと強調。奥田靖二代表世話人も訴えました。

 山下議員はまず党議席の後退をお詫びし、参院選の総括と教訓について反省点と今後の改善、強化、発展方向を明らかにしたあと、来春のいっせい地方選や次回国政選挙での前進に向けた方針を説明。「党綱領の生命力」に確僑を持ち、国民との結びつき強化へ、学習会や小集会のいっそうの強化を呼びかけました。

 会場からは、有権者から出された党への意見や疑問、「一人ひとりの生きざまに触れる活動に期待する」という率直な声など、多くの発言がありました。

 山下議員は、日常的に党を語る活動や「小集会を網の目のように広げていこう」と力説。現実政治を動かしている党の姿を紹介しました。

 ただ、今回の拡大世話人会は、来年初頭に京都で開催する「総会」にむけて、意思統一することも目的にしていたが、それは議論されなかった。もう一つ目的にはっきりしない会議と思えた(吉)
[PR]
# by n-syukyojin | 2010-09-29 08:46

拡大世話人会開催のお知らせ

 日時 9月28日(火)午後1時半
 会場 大阪府社会福祉会館

[PR]
# by n-syukyojin | 2010-09-27 06:49

大阪ー宗教人と共産党が懇談

 初参加の宗派の重鎮も

 日本共産党を支持する大阪宗教人の会のよびかけで10日、「宗教人と日本共産党との懇談会」が大阪市内で開かれ41人が参加しました。初参加の宗派の重鎮や若い僧侶、住職、牧師らの参加が目立ち、率直な質問や意見がだされました。
 全国宗教人の会代表世話人の日隅威徳さんが発言。自公政権退場後の民主党政権も、異常な対米従属、大企業・財界の横暴な支配という「二つの異常」から抜け出せない実態を述べ、「二つの異常」から抜け出す道は、▽日本共産党と革新勢力の躍進▽本来の道にたった宗教の力という二つの共同の発展だと強調しました。
 意法9条を土台に非武装の世界をめざす宗教者と日本共産党の共同の条件が生まれたとし、「信教の自由を擁護し、政教分離の徹底をめざす」とする宗教についての党の見解の発展と到達点を歴史的に解説しました。
 参加者から「宗教法人への見解は」「葬儀における宗教の役割をどう考えるか」などの質問が出され、日隅氏がていねいに答えました。
 代表世話人の平山武秀さん(キリスト教団牧師)が開会あいさつ、同・一法真澄さん(浄土宗住職)が閉会あいさつしました。日本共産党の清水ただし参院大阪選挙区候補があいさつしました。

d0120539_10135350.jpg

[PR]
# by n-syukyojin | 2010-06-11 10:14 | 会議の案内・報告

市田書記局長が宗教者と懇談

平和や貧困の解決に力をあわせましょう ]
d0120539_7592958.jpg

日本共産党の市田忠義書記局長を囲む宗教者懇談会が13日、奈良市内で行われました。仏教、天理教、キリスト教など宗派・教団の違う宗教者と一般の人たちなど43人が参加しました。

 奈良宗教人・日本共産党を支持する会事務局の藤井聖仁氏(浄土真宗本願寺派・明光寺住職)が「5年前に続く2回目の開催。世界の流れについていきかねることも多いこの頃、日本と世界の政治のこと、宗教界への期待などどんなことでも出し合いましょう」と切りだしました。

 最初に市田氏があいさつ。「直面する現世の問題では、思想信条、哲学、信仰のあるなし、宗派を超えて力をあわせようというのが私たちの元々の考えです」と述べて、日本の全政党のなかで宗教委員会をつくっているのは日本共産党だけということや、党綱領のなかで、現在も将来の社会でも思想信条、信仰の自由を尊重することを明記しているなど日本共産党の立場を説明。「平和や貧困の解決にむけてともに考えましょう」と訴えました。

 懇談では、「自由で平等、平和な社会をめざすこと、苦難に直面する人たちを救済するという根源的なところで天理教の教えと共産党の考え方はいっしょ」(天理教信者)、「観念の力で安心をつくりだす宗教と、物質的に政治をよくしていこうとする共産党が、違ったやり方違った役割で、社会をよくしていけばいい」(住職)などの発言や、北朝鮮や中国をどうみるか、政党助成金を受け取らないのはなぜかなどの質問がでて、市田氏がこれにていねいに答えました。

 懇談会の最後に市田氏は「人間のいのちほど大切なものはない。いのちを守る、そのために、思想、哲学、考え方が違っても力をあわせることは可能」と対話と共同の取り組みを広げていくことを呼びかけました。

 この懇談会に向けて日本共産党奈良県委員会は1000を越す仏教関係の寺院に郵送、訪問などで案内を届け、対話をすすめました。
 
[PR]
# by n-syukyojin | 2009-06-20 08:00 | 「会」の活動