ブログトップ

奈良県宗教人の会

syukyoji.exblog.jp

県宗教人・党を支持する会総会-日隈氏講演

 奈良県宗教人・日本共産党を支持する会は17日、奈良市内で2008年度の総会を開き、約40人が参加しました。

 元日本共産党宗教委員会責任者の日隈威徳氏が「宗教-いま、世界と日本で」と題して記念講演をしました。
 日隈氏は「今の時代は根源的ヒューマニズムを土台として宗教者と非宗教者との協力、共同の可能性が広がる時代」だとのべた上で、チベット問題について近現代にわたる中国とチベットとの関連年表、中国共産党の文書などを紹介しながら詳しく解明しました。

 総会では同会が「宗教にかかわって生きる宗教人と日本共産党との共同のかけはし」としての役割を強め、総選挙での奮闘と憲法九条を守る運動でさらに積極的な役割を果たすことなどの総会議案を確認しました。
 
 総会に、参院奈良第3選挙区・比例代表候補の豆田よしにり予定候補も出席、県委員会を代表して挨拶。

d0120539_7563826.jpg



d0120539_7565673.jpg


d0120539_7571466.jpg

[PR]
by n-syukyojin | 2008-07-18 08:05 | 「会」の活動
<< 日本共産党への支持を広げましょう 宗教人の会主催の講演会に多数の... >>