ブログトップ

奈良県宗教人の会

syukyoji.exblog.jp

カテゴリ:「会」の活動( 5 )

市田書記局長が宗教者と懇談

平和や貧困の解決に力をあわせましょう ]
d0120539_7592958.jpg

日本共産党の市田忠義書記局長を囲む宗教者懇談会が13日、奈良市内で行われました。仏教、天理教、キリスト教など宗派・教団の違う宗教者と一般の人たちなど43人が参加しました。

 奈良宗教人・日本共産党を支持する会事務局の藤井聖仁氏(浄土真宗本願寺派・明光寺住職)が「5年前に続く2回目の開催。世界の流れについていきかねることも多いこの頃、日本と世界の政治のこと、宗教界への期待などどんなことでも出し合いましょう」と切りだしました。

 最初に市田氏があいさつ。「直面する現世の問題では、思想信条、哲学、信仰のあるなし、宗派を超えて力をあわせようというのが私たちの元々の考えです」と述べて、日本の全政党のなかで宗教委員会をつくっているのは日本共産党だけということや、党綱領のなかで、現在も将来の社会でも思想信条、信仰の自由を尊重することを明記しているなど日本共産党の立場を説明。「平和や貧困の解決にむけてともに考えましょう」と訴えました。

 懇談では、「自由で平等、平和な社会をめざすこと、苦難に直面する人たちを救済するという根源的なところで天理教の教えと共産党の考え方はいっしょ」(天理教信者)、「観念の力で安心をつくりだす宗教と、物質的に政治をよくしていこうとする共産党が、違ったやり方違った役割で、社会をよくしていけばいい」(住職)などの発言や、北朝鮮や中国をどうみるか、政党助成金を受け取らないのはなぜかなどの質問がでて、市田氏がこれにていねいに答えました。

 懇談会の最後に市田氏は「人間のいのちほど大切なものはない。いのちを守る、そのために、思想、哲学、考え方が違っても力をあわせることは可能」と対話と共同の取り組みを広げていくことを呼びかけました。

 この懇談会に向けて日本共産党奈良県委員会は1000を越す仏教関係の寺院に郵送、訪問などで案内を届け、対話をすすめました。
 
[PR]
by n-syukyojin | 2009-06-20 08:00 | 「会」の活動

日本共産党書記局長市田忠義さんをかこむ宗教者懇談会のご案内(案)

日本共産党書記局長
  市田忠義さんをかこむ宗教者懇談会のご案内(案)


 百花繚乱の儀、宗教に心を寄せられている皆様にはご健勝のことと存じます。
 さて、6月13日に日本共産党演説会が開かれ、市田忠義さんがお話しされることになりました。
 この演説会の開会前に時間をお借りしまして、市田忠義さんに宗教者との懇談をお願いしましたところ、市田忠義さんのご快諾をいただきました。
 この機会に、日ごろ宗教者としてお感じになっておられること、日本共産党へのご批判やご注文などお話しいただき、市田忠義きんとの交流の機会となりましたら、お互い有意義なことと存じます。
 つきましては、左記のとうり、懇談の場を用意しましたので、ご案内申し上げます。日本共産党へのご支持をお願いする場ではありよせんので、お気軽にお出かけいただければ幸いであります。

日時 6月13日(土)午後3時から5時まで
会場 未定
主催    奈良宗教人・日本共産党を支持する会
[PR]
by n-syukyojin | 2009-05-16 14:54 | 「会」の活動

日本共産党への支持を広げましょう

全ての人々を救済する立場で努力する宗教人として
政治の中身をかえ「国民が主人公」 の日本を
めざす日本共産党への支持を広げましょう
 
 
 
            2008年10月l日

                奈良県宗教人・日本共産党を支持する余

                事務局長 藤井聖仁(浄土真宗本廣寺派僧侶)

 宗教人の皆さん

 いつも奈良県宗教人・日本共産党を支持する会(以下「宗教人の会」とします)の活動に対するあたたかいご理解、ご協力ありがとうございます。

 さっそくではございますが、「構造改革」の名のもとに、後期高齢者医療制度を強行し、食の安全を無視した農林行政やワーキングプアを生んだ労働行政などなど大企業本噂アメリカいいなりの歴代自公政治と国民との矛盾が大きくひろがっています。

 そうした状況にあって立ち往生した福田首相は無責任に政権を投げ出し、麻生自公政権に引き継がれました。麻生政権はこれまでの悪政に何らの反省もなければ、打開策がないのが特長です。重要なことはこの内閣が争点を明確にしないまま、一気に解散総選挙へのながれを強めていることです。

 いまこそ、こうした国民いじめの政治を大本からかえるときではないでしょうか。目前に迫った総選挙にあたって、日本共産党は「政治の中身をかえ、貧困をなくし平和な日本を」との政策を発表し国民に支持を訴えていま雪目本共産党は、党創立86年になりますが、戦前・戦後一貫して日本とアジアの平和、国民生活擁護、信教の自由のために頑張りぬいた党です。「ぶれない党」、「国会では一番の優等生」などと一般マスメディアでも注目をあつめ、広く国民のあいだで共感と支持を広げています。このことは、「兵曳無用」 (武器も軍隊も無用)の世界を目指し、「衆生済度」を願う宗教者としても大変うれしいことです。

 きたるべき総選挙で日本と世界の平和をまもり、国民生活と信教の自由擁護のために一貫してたたかっている日本共産党が大きく勝利・前進することが期待されます。

 私たち宗教人の会は、「宗教に関わって生きる宗教人と日本共産党との共同のかけ橋」 (会の目的)になろうと、2003年2月に仏教、キリスト教、天理教の信者と宗教を大切に考えている人々によって結成されました。以来、宗教人の会は自民党と一緒になって藩政をすすめる創価学会・公
明党の役割の検証、同和行政を早期に終結するための学習会などを広く国民に呼びかけて行うなど多くの皆さんのご協力で活動をすすめてまいりました。来るべき総選挙にあたっても、会の目的にそって、それぞれの立場で活動をすすめることを会員の皆さんに心から呼びかけるものです。

 日本共産党のいっそうの前進をめざし次の点でご協力をお願いいたします
  
1、 日本共産党の政策をご理解いただき、広めていただくこと。同封のパフ   レットなどを活用していただければ幸いです。


d0120539_22453627.jpg


 2、 それぞれの立場で、日本共産党への支持を広げていただくこと。

 3、 日本共産党は、憲法違反の政党助成金を一貫してうけとらず、また     企業献金も一円もうけとらず、国民の寄付等で活動費を賄っている唯    一の政党です。同封の募金のための振込み用紙を活用して浄財を寄    せていただきますようお願いいたします。
[PR]
by n-syukyojin | 2008-10-04 22:45 | 「会」の活動

県宗教人・党を支持する会総会-日隈氏講演

 奈良県宗教人・日本共産党を支持する会は17日、奈良市内で2008年度の総会を開き、約40人が参加しました。

 元日本共産党宗教委員会責任者の日隈威徳氏が「宗教-いま、世界と日本で」と題して記念講演をしました。
 日隈氏は「今の時代は根源的ヒューマニズムを土台として宗教者と非宗教者との協力、共同の可能性が広がる時代」だとのべた上で、チベット問題について近現代にわたる中国とチベットとの関連年表、中国共産党の文書などを紹介しながら詳しく解明しました。

 総会では同会が「宗教にかかわって生きる宗教人と日本共産党との共同のかけはし」としての役割を強め、総選挙での奮闘と憲法九条を守る運動でさらに積極的な役割を果たすことなどの総会議案を確認しました。
 
 総会に、参院奈良第3選挙区・比例代表候補の豆田よしにり予定候補も出席、県委員会を代表して挨拶。

d0120539_7563826.jpg



d0120539_7565673.jpg


d0120539_7571466.jpg

[PR]
by n-syukyojin | 2008-07-18 08:05 | 「会」の活動

宗教者と日本共産党懇談ー改憲の悪行阻もう

 宗教人と日本共産党との懇談会が二十七日、神戸市内で開かれました。日本共産党中央委員会社会科学研究所の山口富男副所長が出席し、全国から参加した百三人の宗教関係者と懇談しました。

山口社研副所長が出席

 懇談会は、臨済宗妙心寺派龍澤寺の水田全一住職ら仏教、キリスト教、天理教の宗教者が実行委員会をつくってよびかけたもの。

 山口氏は、憲法九条を守る意義を世界の流れなどから掘り下げ、憲法擁護の運動が多数派になる条件と可能性があることを指摘。日本共産党は異なる宗教や文明の共存共栄の考え方を持っていること、それは二十一世紀の世界の流れにかみあっていることをのべ、「どんな問題でも考え方の違いを超えて、力を合わせることが社会を動かす大きな力になります」と、共同の意義を強調しました。

 参加者は、憲法守る決意や戦争反対の思いを次つぎと発言。「憲法九条を守ることなど、共産党とできることはいっしょにやりたい」「共産党と宗教者が団結して憲法改悪の悪行にたち向かっていきたい」などの発言が続きました。また、「共産党について知らない人がたくさんいる。真の姿を知ってもらう努力が大事ではないか」など率直な注文もだされ、山口氏はそれぞれていねいに答えました。

 懇談会に先立って、全国宗教人・日本共産党を支持する会の第九回総会がおこなわれました。

全国宗教人の会が宣伝
 全国宗教人・日本共産党を支持する会の宗教者らが二十七日夕、神戸市元町で「日本共産党とともに命と平和が大切にされる社会をつくろう」とよびかけ、ビラを配布しました。

 全国宗教人の会の第九回総会、宗教人と日本共産党との懇談会のあと、三十五人が参加しました。

 日本キリスト教団牧師の平山武秀さんは「政府は教育基本法を改悪し、愛国心を法律で強制しようとしている。共産党とともにこの動きにストップをかけたい」と話し、真宗仏光寺派正念寺住職の長田譲さんは「この世に命をいただいたものが、まっとうな人生を歩める政策をもつ日本共産党に共感している」とのべました。

 奈良市の真言律宗般若寺住職の工藤良任さんは「『殺すなかれ、殺されることなかれ』が仏教の教え。この宗教の心、平和の願いは命を大切にする日本共産党に託すしかない」と共産党への期待を語り、神奈川県からきた平塚南金目天理教布教所長の梶山登さんは「米軍基地問題が大きな問題になっている。宗教者として黙っていられない。平和の党共産党に力を貸してほしい」と訴えました。
[PR]
by n-syukyojin | 2006-04-28 13:24 | 「会」の活動