ブログトップ

奈良県宗教人の会

syukyoji.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いま憲法9条を宗教者はー互いを認める世界にー日本基督教団・札幌北光教会牧師

 学生時代に教会のキャンプワークでネパールの農村でボランティアに取り組みました。ネパールの無医村で医寮・公衆衛生の振興に尽力したキリスト者で医師の岩村昇の活動が私たちの取り組みのさきがけでした。
 
 やがて農作業を通じて親しくなった村の老人が、私に対し直立不動で敬礼してみせ、「バカヤロー」と叫びました。それが彼の知っている′「日本
人」だったのです。

 私の中にあった〝先進国の学生が貧しいアジアを助ける″というごう慢な気分が吹き飛びました。アジアの人びとの間で戦争は決して過去のことではなく、日本がアジアに対して負う責任は「貧しいアジアを助ける」というようなものではないー。日本の侵略戦争によって二千万以上といわれるアジアの人びとが死に、深い悲しみをもたらしたことへの謝罪であり、アジアの一員として生きていくには「再び戦争を起こさない」という九条の約束を堅持していくことだと痛感しました。

 岩村医師から、重体の老婆を背負い三日かけて病院まで運んでくれたネバトルの若者の話を聞いたことがありました。若者は「『サンガイ・ジュネ・コラギ』(みんなで生きるために)若い力を持つ自分が力を提供するのは当然だ」と言って、お礼を受け取らなかったといいます。私自身、同じような経験をネパールで何度もしました。
 
 本当に助け合う社会の豊かさー。この経験は「自分を愛するように隣人を愛せ」というイエス・キリストの教えにつながるもので
す。

 平和とは、単に戦争がないことではなく、対立しあうものが共に生きていく姿だという預言者の言葉があります。イラク.戦争に際し、〝異なる文明の衝突″が喧伝(けんでん)されましたが、人びとが互いに認め合い、尊重しあう世界こそ目指されるべきです。ここには憲法九条が示す世界観があります。

 同時に、「生きてきて良かった」といえる世界が未来にあること、すなわち
「希望」を語ることに宗教者の大切な役割があると感じています。それは、強い者や金持ちだけが勝ち残るのでなく、人びとが共に生きられる世界を目指すことです。

 幼稚園の運営に携わり、子どもの権利を守る運動にも参加しています。年々子どもが生きる環境が厳しくなっています。子どもが子どもらしく希望を持ち、平和に生きられる社会、戦争にとられることのない社会を、という願いが九条への思いにつながっています。

 子どもの生きる力は、自分が受け入れられ、自分が自分らしく「そのままでいいんだ」と思えることから生まれます。真剣にかかわってくれるおとなの存在が大切です。同時に、九条を守る真剣なおとなの姿が、子どもたちの希望につながると債じています。

 ブッシュ大統領の支持基盤となった米国キリスト教右派の闇でも〝同性愛の禁止″などより「環境問題」に関心が高まっているといいます。閉塞(へいそく)の中で、従来の枠を超えた対話のチャンスは広がっています。互いを尊重し、持てるものを出し合うという価値観と、九条が目指すビジョンがもっとかみあっていけば、より多くの人と九条の価値を共有できると確信します。

日本基督教団・札幌北光教会牧師
・後宮敬爾さん
 うしろく よしや1956年京都府生まれ。同志社大学大学院修士課程(神学)修了。土佐教会牧師、千歳栄光教会牧師を経て2002年から現職。北光幼稚園園長。著書に『キリストにある生』(日本キリ
スト教団出版局)

「しんぶん赤旗」1/14付
[PR]
by n-syukyojin | 2008-01-17 13:36

いま憲法9条を宗教者はー理性が生き残る時代ー高野山真言宗僧侶・泉蔵院住職

 二〇〇一年の夏、シルクロードを旅しました。インドから膨大な苗代の経典を中国に持ち帰り翻訳した玄奘(げんじょう、三蔵法師)の足跡を辿(たど)りました。その終着点、パキスタンのイスラマバードに着いたのが九月九日。今では想像もできないほどのどかで、荷物検査などどこでもありませんでした。

 成田空港に到着したのが十日でした。その翌日、ニューヨークのワールド・トレードセンターをはじめとする大テロ事件が発生し、アフガニスタンとその周辺地域は大戦争に巻き込まれていきました。仏教が東へと漸進し東西文明が交流した人類史の舞台に、爆音が吹き荒れています。

 そのときイスラマバードでパキスタン人ガイドから一体の銅像を譲り受けました。タリバンの攻撃で壊される難を避け、彼の友人がアフガニスタンのカブールから命からがら持ち帰ったものでした。

平和訴える銅像

 ガイドの説明では、青銅の像は二千数百年前のメソポタミアのもので、右手にあるのは麦の穂、左手には鳩です。「一粒の麦」から始まったという文明、そして平和を象徴する姿です。

 文明はもともと戦(いくさ)をするために始まったのではありません。いかに
民を食べさせるかが根本です。戦争や武力はむしろ文明の退潮のあらわれです。銅像、仏像だって戦争期につくられたものではありません。

 戦争がこんな小さな平和の象徴を踏みにじる時代です。もし全知全能の神がいるなら、大量殺人とそのための兵器の生産も販売も許すはずはありません。アメリカがアフガン、イラクを爆撃しイスラエルを助け、そしてテロが繰り返される。暴力の連鎖、テロの恐怖に世界がおびえています。
 
 しかし私は、人間は本来殺しあうような生き物ではないと思っています。「平和」とは、平らにものが口に入ることです。みなが平等に食べられ暮らせれば平和であるはずなのです。

 人間を戦争へと追いやるものは、戦争を必要とするシステムの存在です。アメリカなどで軍産複合体と呼ばれる兵器商売の体系です。人の考えを管理し、民衆にものを考えさせないしくみまでつくりあげるのです。

 およそ百年前に富国強兵を「追求」し、軍部の権力
拡大の中で悲惨な戦争を経て、破滅を導いたことを反省できない日本の政治家。いまはアメリカの属国のような形になっています。そんて、このようなシステムの中で利権をあさる人々も存在します。守屋前防衛事務次皆の事件はその構造の一角を示しました。
                                              目覚め促す役割

 この状況を救うのは人びとの目覚め以外ありません。その日覚めを促すのは宗教の大きな役割です。仏教は、真理を知った者、すなわち仏の教えであり、その本質は感情的なものではなく、理性的で論理的なものです。

 アメリカの戦争政策が破たんを深める中、感情的で暴力的なものから、理性的で論理的なものが生き残る時代になっています。武器
を持たない、使わないという平明な論理を示す九条を守り生かす、立場を超えた共同にかけてゆきたいと思います。


高野山真言宗僧侶・泉蔵院住職
北村公秀さん
 きたむら こうしゆう1946年岡山県生まれ。種智大学卒業。1976年から泉蔵院(神奈川県平塚市)住職。「ひらつか・九条の会」呼びかけ人。

「しんぶん赤旗」1/13付
[PR]
by n-syukyojin | 2008-01-17 13:21

いま憲法9条を宗教者はーアジアの熱い期待に驚くー小野文珖さん 日蓮宗・僧侶

 私は日蓮宗の有志でつくる「立正平和の会」で長く平和の問題に関心を払ってきました。「会」は、「非暴力・不殺生の仏陀の教えと、立正安国・仏国土顕現の日蓮聖人の頗行に基づき…平和な国際社会形成を目標」としています。憲法九条を守っていくことが、宗祖の精神を継承することだという信念に揺るぎはありません。

 しかし、私たち団塊の世代が定年を迎えるようになり、改めて日本と世界に対して何をしてきたのか、と自問自答すると、平和の問題でこんなにも日本を危機に陥れてしまったことを真剣に反省せざるをえません。日本の安らぎ、平和、豊かさ、われわれは先人たちから与えられてきたものを、次の代に十分継承することができなかったのではないか-。

命をかけて守る

 その象徴的な問題が、この九条改定問題です。われわれの学生時代や、社会に出たころは、九条は「前提条件」で、「変える」という万が異端でした。ところがいま、九条を変えることに〝違和感がない″という状況を許してしまった。それに気づいて愕然(がくぜん)としました。九条だけは、命をかけて守っていこうと思います。

 九条のありがたさ、大切さがなぜ世代ごとに伝えら・れてこなかったか。教育の問題があります。おとなは正しい歴史を子どもたちに十分教えず、都合の悪いことは隠してきました。

 地元の中高生がアルミ缶のリサイクルでためたお金をアジアへ送り、学校を建てる取り組みをしています。その援助をしながら、カンボジアのポル・ポト独裁政権や最近のミャンマーの軍事政権の蛮行、さらに近代日本の軍事政権の侵略について話をしています。子どもたちは素直で、歴史とともにアジアの差別と貧困の現状虐知ると、涙を流し、積極的にボランティア参加しています。これも草の根の九条の和につながると思います。

「これしかない」

 十一月末から士再はじめ、東京で「9条アジア宗教者会議」が開かれまし
た。日本の宗教者がアジアの宗教者に呼びかけ、日本国憲法九条の理想を広げようという初めての試みでした。そこに参加して、九条に寄せるアジ
アの熱い期待に改めて驚かされました。

 「九条は日本だけのものではない。アジア各国の憲法に取り入れて世界に九条を広げてゆこう」「九条を〝守る″というだけでなく、それを生かすことこそ大切」
 インド、マレーシア、韓国、フィリピンなどの代表のこんなメッセージに触れ、紛争解決はもちろん、環境問題でも貧困問題でも「九条、これしかない」という気持ちを強くしました。

一方、改憲のための国民投票法はもうできていて、予断を許さない段階です。理念だけではなく、具体的な行動が求められています。宗教者も、教団の外に向かって発言し、政党、政治家も含め志を同じくする人びとと手を握り合う。そして「九条の会」をはじめ九条を守ろうと国民の闇にできた小さな和を大きくし、連帯を広げる努力をする。それが私たちに課せられた使命だと思うのです。

小野文珖さん 日蓮宗・僧侶■ぉの・ぶんこう1948年群馬県
生まれ。立正大学助教授をへて天龍寺(群馬県藤岡市)住職。


「しんぶん赤旗」12/26付
    
[PR]
by n-syukyojin | 2008-01-17 13:12 | 宗教人と憲法