ブログトップ

奈良県宗教人の会

syukyoji.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

県宗教人・党を支持する会総会-日隈氏講演

 奈良県宗教人・日本共産党を支持する会は17日、奈良市内で2008年度の総会を開き、約40人が参加しました。

 元日本共産党宗教委員会責任者の日隈威徳氏が「宗教-いま、世界と日本で」と題して記念講演をしました。
 日隈氏は「今の時代は根源的ヒューマニズムを土台として宗教者と非宗教者との協力、共同の可能性が広がる時代」だとのべた上で、チベット問題について近現代にわたる中国とチベットとの関連年表、中国共産党の文書などを紹介しながら詳しく解明しました。

 総会では同会が「宗教にかかわって生きる宗教人と日本共産党との共同のかけはし」としての役割を強め、総選挙での奮闘と憲法九条を守る運動でさらに積極的な役割を果たすことなどの総会議案を確認しました。
 
 総会に、参院奈良第3選挙区・比例代表候補の豆田よしにり予定候補も出席、県委員会を代表して挨拶。

d0120539_7563826.jpg



d0120539_7565673.jpg


d0120539_7571466.jpg

[PR]
by n-syukyojin | 2008-07-18 08:05 | 「会」の活動

宗教人の会主催の講演会に多数のご参加を

 「宗教人の会講演会」が迫ってきました。
 「宗教ー世界と日本」とのテーマで日隈氏に記念講演をしていただきます。
 日隈氏の経歴を見ていただきますと、東大文学部を出られて、日本共産党に就職され、日本共産党の宗教政策の立案や、宗教委員会の責任者として多くの宗教者と関わりをもち、宗教者の様々な運動にも参加されてきました。著書も多く、「統一教会」「オーム真理教」「創価学会」問題などに精通されています。

 テーマの「宗教ー世界と日本」だけでは、どのような講演がされるのか分かりづらいとの、意見もあります。

 むしろ、講演を問題提起としてうけとめ、参加者の問題意識で、チベット問題や、最近矢野元公明党書記長の学会提訴をはじめ、最近の学会公明党の状況、既存の教団の選挙への関わり、などなど、ばんばん質問をして、講演会を豊のものにしていけたら、と思います。
 

いずれにせよ、多くの宗教人の参加とともに、ひごろから宗教や宗教がかかわる社会的問題に関心をおもちの県民、市民のさんが参加をしてほしい。   吉川
[PR]
by n-syukyojin | 2008-07-10 10:11 | 会議の案内・報告